同窓会規約

第1章 総則
(名称)
 第1条
1.本会は北里大学看護学部同窓会と称する。

(目的)
 第2条
1.本会は会員相互の親睦と交流をはかり、会員の社会的発展に資し、併せて北里大学看護学部の発展に寄与することを目的とする。

(事務局)
 第3条
1.本会事務局を神奈川県相模原市2-1-1北里大学看護学部内に置く。
第2章 会員
(会員)
 第4条
1.本会は次の会員で組織する。
 1)正会員  北里大学看護学部卒業生
 2)準会員  北里大学看護学部学生
 3)特別会員 北里大学看護学部現職員、及び理事会が承認した旧教職員、大学院修了者
 4)名誉会員 本会および学部の発展に寄与した者で、理事会で推薦し、総会で承認された者
 5)賛助会員 本会の主旨に賛同し理事会の承認を得た者

(名誉会長および顧問)
 第5条
1.本会は名誉会長および顧問を置くことができる。
2.名誉会長および顧問は理事会で推挙し、総会で選任する。
第3章 役員および職員

(役員)
 第6条
1.本会に次の役員を置く。
 1)会長  1名
 2)副会長 2名
 3)監事  3名
 4)理事  15~20名

(役員の任務)
 第7条
1.会長は本会を代表し、会務を総括する。
2.副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
3.監事は会計および事業の監査を行う。
4.理事は理事会を組織し会務の運営にあたる。

(役員の選出)
 第8条
1.役員は正会員より選出する。
2.会長、副会長は理事会で推薦し総会で選出する。
3.監事は総会で選任する。
4.理事は正会員の推薦による者、並びに理事会で推薦した者を総会で選任する。

(役員の任期)
 第9条
1.役員の任期は3年とし再任することができる。

(職員)
 第10条
1.本会に職員を置くことができる。

第4章 会議

(種別)
 第11条
1.会議は定例総会、臨時総会、理事会とする。

(総会の構成および運営)
 第12条
1.総会の構成および運営は次の如く定める。
 1)総会は役員及び代議員をもって構成する。ただし会員は、出席して意見を述べることができる。
 2)代議員は各期の正会員より1名以上を前期代議員の推薦を経て総会で選任する。
 3)代議員の任期は3年とし再任することができる。
 4)総会の開催は役員および代議員の5分の1以上の出席を必要とする。
 5)総会の議長団は役員および代議員より選任する。
 6)総会の議決は出席者の過半数を必要とする。ただし規約の改正は別章に定められた方法によって行われる。
 7)役員および代議員が総会に出席できない時は、同期正会員に出席を委任するか、議長に白紙委任することができる。
 8)特に緊急を要する時は、役員および代議員の書面審議で総会に代えることができる。

(総会の招集・審議)
 第13条
1.定期総会は会の決議機関であり、毎年1回開催し、次の事項を審議決定する。
 1)役員の選任
 2)前年度の事業報告、収支決算の承認
 3)当年度の事業報告、収支予算の決定
 4)その他、会の運営に関する必要事項
2.臨時総会は必要に応じて理事会が招集する。ただし、役員の3分の1以上の要請があった場合には、会長は速やかに招集し開催する。

(理事会の構成および運営)
 第14条
1.理事会の構成および運営は次の如く定める。
 1)会長・副会長・理事(以下まとめて構成員という)をもって構成する。
 2)理事会の開催は構成員の3分の1以上の出席を必要とする。
 3)理事会の議事は出席者の過半数をもって決定する。

(理事会の招集・審議)
  第15条
1.理事会は毎月1回開催する。ただし、構成員の3分の1以上または監事の要請があった場合、会長は速やかに招集し開催する。
2.理事会は事業の執行上必要な事項について議決機関であり、次の事項を審議する。
 1)総会の議案に対する事項
 2)本会の運営上必要な細則に関する事項
 3)その他関係事項

第5章 会計
(会計年度)
 第16条
1.本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(会費)
 第17条
1.会員は会費を納めるものとする。その会費は終身会費とし、その金額および納入方法は別に定める。

第6章 改正
(規約の改正)
 第18条
1.規約の改正は理事会の議を経てこれを発議し、総会出席者の3分の2以上の賛成をもってなされる。

第7章 付則
(規約の施行)
 第19条
1.本規則は平成2年4月1日から施行する
2.本規則は平成3年6月22日より改正施行
3.本規則は平成15年6月21日より改正施行